teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


デュランタ・タカラヅカ

 投稿者:hinotori  投稿日:2017年 8月 9日(水)19時23分18秒
返信・引用
  クマツヅラ科デュランタ属
花色が濃い青紫で花びらに白い縁取りが入るデュランタ・タカラヅカ
が日本では人気の花です。
原産地:北アメリカ南東、ブラジル、西インド諸島
開花期4~10月
 
 

ヤナギバルイラソウ

 投稿者:hinotori  投稿日:2017年 8月 2日(水)21時09分15秒
返信・引用
  柳葉ルイラ草/キツネノマゴ科・ルイラソウ属
メキシコ原産・半耐寒性常緑小低木・一日花
草丈60~90㎝。葉長15㎝。開花期4~10月。花径5㎝。
 

センニチコウ

 投稿者:hinotori  投稿日:2017年 7月31日(月)11時51分59秒
返信・引用
  千日紅/ヒユ科・センニチコウ属の一年草
草丈は50㎝くらい。開花期7~9月。
別称:センニチソウ(千日草)
近縁種→キバナセンニチコウ
 

ミズカンナ

 投稿者:hinotori  投稿日:2017年 7月26日(水)09時39分8秒
返信・引用
  クズウコン科・ミズカンナ属の多年草
草丈100~200㎝。開花:7~9月。
紫色の花と白い咢が混じって美しい。
カンナとは別科の植物です。水生植物であること、葉形がカンナに
似ていることから名づけられた。
 

ヤシュウハナゼキショウ

 投稿者:hinotori  投稿日:2017年 7月17日(月)11時01分3秒
返信・引用
  野州花石菖/ユリ科・チシマゼキショウ属
開花:7-8月。関東以西から九州の山中の岩の多い湿地に
自生する日本特産の宿根草です。名前にセキショウとついて
いるがセキショウAcorus gramineusの仲間ではない。
野州というのは下野(しもつけ)国(現在の栃木県と群馬県
の一部)の異称で、そこに自生することから名前がついている。

 

マンリョウ

 投稿者:hinotori  投稿日:2017年 7月12日(水)10時11分56秒
返信・引用
  万両/ヤブコウジ科・ヤブコウジ属の常緑小低木
高さ1mほど。ヤブコウジ(十両)と似ているがヤブコウジは
高さ10㎝ほどなので区別できる。
東アジア~インドに分布。花期:7月。
 

ヒツジグサ

 投稿者:hinotori  投稿日:2017年 7月10日(月)09時23分35秒
返信・引用
  未草/スイレン科・スイレン属の水生多年草。
水底の泥中に太い茎があり先端から葉が発生する。浮葉と沈水葉を
持っており、冬の間は浮葉は枯れて沈水葉のみとなる。
花期6~11月。花は数日間、開閉を繰り返し、未(ひつじ)の刻
(午後1-3時)に開くのでこの名がついた。
 

ハンカイソウ

 投稿者:hinotori  投稿日:2017年 6月22日(木)10時19分58秒
返信・引用
  樊噲草/キク科メタカラコウ属の大形多年草。
草丈60~100㎝。花径10㎝ほど。花期6~8月。
ハンカイソウ、チョウリョウソウとも⇒中国漢時代の武将
樊噲(はんかい)張良の名を冠したもの。
 

カラー

 投稿者:hinotori  投稿日:2017年 6月16日(金)09時09分46秒
返信・引用
  海芋・かいう/サトイモ科オランダカイウ属
別名:オランダカイウ
草丈30~100㎝
南アフリカ原産(日本には江戸末期にオランダから渡来した)
名の由来・ワイシャツの襟(Collar)の部分に似ているので
    ・その形が修道女の襟を連想させるので
花言葉:乙女のしとやかさ
 

ユキノシタ

 投稿者:hinotori  投稿日:2017年 6月14日(水)10時10分35秒
返信・引用
  雪の下/ユキノシタ科・ユキノシタ属
湿った半日陰の岩場などに自生する常緑の多年草。
開花期5~7月頃。
漢名は「虎耳草」という民間薬でその葉をあぶり腫れ物などの
消炎に用いた。
葉は山菜として、天ぷらなどにして賞味される。
 

レンタル掲示板
/120